そば屋開業 2012年1月5日

Second Life

Author:Second Life

手打ちそば おおむら 

長崎市伊王島町1-3277-3   095-898-2288
営業時間 11時~15時                       定休日 11月~2月 火・水曜日     定休日 3月~10月 火曜日                                   (祭日の場合は営業致します )

リンク

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

アクセスありがとうございます

全記事表示リンク

梅雨入り前に

天気予報では明日から入梅するとのこと。

今日はまたいい天気になりそうで「ならば奈良へ行こう」となりました。

「遷都1300年」ではないですよ。

JR大阪駅から奈良大和路快速に乗りJR奈良駅に10時30分頃に到着です。

目的は剣豪達の歩いた柳生街道を歩いてみたい

どこから出発すれば良いのか観光案内で聞こうと地図を見せると、

「このコースは、20キロ以上ある山路だからかなりきついですよ」と言われ、

半分諦めていたところに「でも森の中を歩くので森林浴ができ気持ちが良いですよ。

お勧めコースなのでとりあえず半分行って後はバスで戻った方が良い」と

循環バスに乗り目的のバス停までの行く間、観光客や他府県ナンバーの車でいっぱいです。

15分程で破石バス停に到着下車。

ここからが柳生街道の出発点になります。

教えられたコースでいざ出発

P6120001_convert_20100613163616.jpg

志賀直哉旧居や新薬師寺を素通りして鹿をパチリ!

P6120003_convert_20100613163643.jpg カメラ目線?
P6120004_convert_20100613163709.jpg
P6120005_convert_20100613163733.jpg ゴールは円成寺

能登川の渓流に沿って趣きのある石畳の「滝坂道」

P6120007_convert_20100613163804.jpg 熊野古道にも石畳ありました

いたるところに小さな滝をつくっていて滝坂道と呼ばれていたそうです。

P6120008_convert_20100613163828.jpg

江戸時代に奈良奉行によって敷かれた石畳が苔むして残り、進むに従って春日山の森の奥深くに入る。

ここからは石もゴロゴロ木の根っこで躓かないように注意して歩く

街道のたたずまいもさることながら、道筋にある多数の石仏も鎌倉時代からのものもあるそうな

P6120011_convert_20100613163940.jpgP6120012_convert_20100613164004.jpg

P6120009_convert_20100613163853.jpg 地獄谷石窟仏

しばらく行くと石切峠。ここの茶屋で遅めの手作り弁当を食べることにしました。
(弁当を食べる人は250円の味噌汁を取ってくださいと書かれています。)

P6120015_convert_20100613164030.jpg

屋内にはかつて武芸者が代金の質に置いていったと言う鉄扇や槍が並べられていました。

石切峠から林道を下ると茶畑。無人お茶ッ葉売り場で山椒の実を購入しました。

ここまでは、気持ち良く歩いていたのですが、家内の声に驚いて見ると

私の大嫌いな蛇死んでいることを確認して慌てて走り抜けました

いよいよ目的の園成寺(えんじょうじ)までもう少し。まだまだ急坂は続きますが、ゴールは間近

お寺の屋根が見えました

P6120023_convert_20100613164148.jpgP6120022_convert_20100613164119.jpg

バスでJR奈良駅まで戻ってきましたが、あいも変わらず人でいっぱいです。

P6120025_convert_20100613164213.jpg

総行程9.1キロのウォーキング(トレッキング?)でした。

次回は柳生の里までチャレンジしたい。

スポンサーサイト

<< 第3回関西うどん・そば産業展 | ホーム | 新規開店の蕎麦屋 >>


コメント

トレッキングですか

伊王島さま
やっぱし一人ではなかなか行けないのも、
お仲間(生涯の)と一緒で、ちょっと
うらやましいな。
 私の知り合いでアメリカに移住された方が
移住前に、毎日ジョッキングで身体を鍛えていた
のを、思い出しました。 移住前に身体を壊さない
程度に鍛えてくださいね。・・・蕎麦打ちも(^_-)-☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム